読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民族と紛争の実証研究

Esteban, Joan, Laura Mayoral and Debraj Ray. 2012. "Ethnicity and Conflict: An Empirical Study." American Economic Review, 102(4): 1310-42.

 

要旨

We examine empirically the impact of ethnic divisions on conflict, by using a specification based on Esteban and Ray (2011). That theory links conflict intensity to three indices of ethnic distribution: polarization, fractionalization, and the Gini-Greenberg index. The empirical analysis verifies that these distributional measures are significant correlates of conflict. These effects persist as we introduce country-specific measures of group cohesion and of the importance of public goods, and combine them with the distributional measures exactly as described by the theory. (JEL D63, D74, J15, O15, O17)

 

(拙訳)

Esteban and Ray (2011)の定式化を用いて、紛争に与える民族分断のインパクトを実証的に明らかにする。彼らの理論では、紛争の大きさを3つの民族分布の指数(分極、分断、ジニ・グリーンバーグ指数)に関連付けている。これらの分布指数が紛争と有意な関係であるかどうかをこの実証研究で検証する。集団結束度および公共財の重要性について国別の尺度を導入し、分布指数とそれらの尺度を組み合わせることで、Esteban and Rayの理論が描くような効果を実証している。

 

(追記)

最近のトップジャーナルに掲載された紛争研究においては、理論と実証の両方から影響力をもつ研究。前年の2011年にEsteban and Rayが理論をAERに載せ、この二人に計量のMayoralを迎えて実証した豪華二本立て。Rayは言わずと知れた開発経済学の大家だが、彼は2012年にも紛争に関する理論をJPEに載せている(Mitra and Ray 2012)。