読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカ奴隷貿易の長期的影響

Nunn, Nathan. 2008. The long-term effects of Africa's slave trades. Quarterly Journal of Economics 123(1): 139-176.

 

要旨

Can part of Africa's current underdevelopment be explained by its slave trades? To explore this question, I use data from shipping records and historical documents reporting slave ethnicities to construct estimates of the number of slaves exported from each country during Africa's slave trades. I find a robust negative relationship between the number of slaves exported from a country and current economic performance. To better understand if the relationship is causal, I examine the historical evidence on selection into the slave trades and use instrumental variables. Together the evidence suggests that the slave trades had an adverse effect on economic development.

 

(拙訳)

アフリカの経済成長が遅れている理由の一部でも、奴隷貿易によって説明できるだろうか?この問いに対して、アフリカ奴隷貿易時代に各国から輸出された奴隷人数を推定することを目的として、船積み記録と奴隷民族を報告している歴史的文書のデータを使用する。結果、奴隷輸出数と現在の経済状況に頑健な負の関係性があることを明らかにした。この関係性が因果関係かどうかより理解するために、奴隷貿易の選択に関する歴史的文書を調査して操作変数を用いた。これらのエビデンスにより、奴隷貿易が現在の経済発展に負の影響を与えていることが示唆される。