読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカ争奪戦の長期的影響

Michalopoulos, S., & Papaioannou, E. (2016). The long-run effects of the scramble for Africa. The American Economic Review, 106(7), 1802-1848.

 

要旨

We explore the consequences of ethnic partitioning, a neglected aspect of the Scramble for Africa, and uncover the following. First, apart from the land mass and water bodies, split and non-split groups are similar across several dimensions. Second, the incidence, severity, and duration of political violence are all higher for partitioned homelands which also experience frequent military interventions from neighboring countries. Third, split groups are often entangled in a vicious circle of government-led discrimination and ethnic wars. Fourth, respondents from survey data identifying with split ethnicities are economically disadvantaged. The evidence highlights the detrimental repercussions of the colonial border design.

 

拙訳

我々は民族分断の結末と、アフリカ争奪戦の無視された側面を探ることで、以下のことを明らかにする。第一に、分断された集団と分断されていない集団は、土地と水域を除き、いくつかの特性が類似していること。第二に、頻繁に近隣諸国から軍事的干渉を受けて分断された旧国(homeland)では政治的暴力の発生率、深刻度合が高く、期間も長いこと。第三に、分断された集団は政府主導の差別や民族紛争といった悪循環に巻き込まれることが多いこと。第四に、調査データから、分断された民族に識別された回答者らは経済的に不利な立場であること。このエビデンスは、植民地下における国境設定の有害な影響を際立たせている。