読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働供給ショック,ネイティブの賃金および地方雇用調整

Dustmann, C., Schönberg, U., & Stuhler, J. (2016). Labor supply shocks, native wages, and the adjustment of local employment. The Quarterly Journal of Economics, qjw032.

 

要旨

By exploiting a commuting policy that led to a sharp and unexpected inflow of Czech workers to areas along the German-Czech border, we examine the impact of an exogenous immigration-induced labor supply shock on local wages and employment of natives. On average, the supply shock leads to a moderate decline in local native wages and a sharp decline in local native employment. These average effects mask considerable heterogeneity across groups: while younger natives experience larger wage effects, employment responses are particularly pronounced for older natives. This pattern is inconsistent with standard models of immigration but can be accounted for by a model that allows for a larger labor supply elasticity or a higher degree of wage rigidity for older than for young workers. We further show that the employment response is almost entirely driven by diminished inflows of natives into work rather than outflows into other areas or nonemployment, suggesting that “outsiders” shield “insiders” from the increased competition.

(拙訳)

ドイツ・チェコ国境における、チェコ労働者の急激かつ予期できなかった流入を引き起こした通勤政策を利用して、外生的な移民誘発による労働供給ショックが現地の賃金およびネイティブの雇用に与えた影響を調べた。平均して、この供給ショックは現地ネイティブの賃金の緩やかな減少、および雇用の急激な減少を引き起こした。これらの平均効果は集団間の多様性を隠してしまう:ネイティブのなかでも、若年層が多大な賃金効果を経験し、高齢者においては雇用における顕著な反応がみられた。このパターンは、移民の標準的なモデルと矛盾しているが、若年層に対する高齢者における、より大きな労働供給弾力性や、高度な賃金硬直性を可能とするモデルにより説明することができる。さらに、流入者が現地民を競争激化から保護していることを示唆することで、雇用においてみられたショックへの反応が、雇用流入が他分野流出や失業を下回ることにより引き起こされたわけではない、ということを示している。